臨床研究情報センター (Translational Research Informatics Center : TRI) は、基礎的な医学の研究成果を臨床の場に生かしていく橋渡し研究(トランスレーショナルリサーチ:TR)を推進するための情報拠点として、 2003 年にわが国で初めて整備された研究施設です。
先端医療センター、クラスター推進センターとともに、公益財団法人 先端医療振興財団の一組織として、市民の皆様の健康増進や地域の医療水準の向上、医療産業の活性化をはかり神戸医療産業都市構想を具現化しています。
さらに、国際的に激化しているライフサイエンスを基盤とする創薬・臨床開発の中で、日本の研究成果が真に国際的にリーダーシップをとれるように、臨床試験・臨床研究を支援し、それらの支援を通じて、国民全体の健康向上に貢献しています。
 
 
 
 
 
●施設概要
施設名称 臨床研究情報センター  Translational Research Informatics Center
事業内容 トランスレーショナルリサーチの推進・管理
臨床試験と大規模コホート研究の推進・管理・運営
医療・臨床研究情報の発信
検体保管事業
貸会議室、レンタルラボ、情報発信コーナーの管理、運営
建物概要 鉄骨造4階建て
延床面積:7,300m2
会議室:全6室
ラボ数:全22室(ウェットラボ:7室、ドライラボ:6室、研究用居室:9室)
設   立 2003年(平成15年)6月
所 在 地 神戸市中央区港島南町1丁目5番地4号
代 表 者 臨床研究情報センター センター長
福島 雅典
 
 
pageup