NCCNについて

NCCNについて
National Comprehensive Cancer Network(NCCN) は、 世界の25の主要がんセンターの NPO (同盟)団体 であり、がん患者に提供されるケアの質および有効性の向上に尽力しています。 NCCN のメンバー団体における臨床専門家たちの指導力及び専門的知識を通して、 NCCN は多くのステークホルダー(利害関係者/投資者)に、医療データ伝達システムで有益な情報(貴重な情報)を提示する資源を開発します。高品質ながん医療の判定者として、 NCCN は間断ない品質向上の重要性に関する意識を高め、患者、臨床医師および他の医療政策立案者たちが使用するのに適した臨床実践ガイドライン作成の意義(重要性)を評価しています。 NCCN の全取り組み中の第一目標は、腫瘍学の実践の質、有効性及び効率を向上させ、患者がよりよい人生を送れるようになることです。

NCCN メンバー団体の世界的に著名な専門家たちが、広範囲に及ぶがん患者を診断・治療し、複雑で、侵攻性の、または稀有ながんへの取り組みが評価されています。毎年年間を通して 160,000 人を超える新規の患者が、 NCCN メンバー団体の施設でがん治療を受けています。 NCCN メンバー団体は、患者ケアへの総合医療のチームアプローチ概念の先駆けであり、患者ケア、調査研究、および教育のプログラムを統合させることで、がん撲滅運動をリードしています。我々のプログラムは、継続的にがん治療の有効性及び効率性を向上させる熟練医師、上質な治療、及び質と安全性構想を利用できる機会を提供しています。

これまでに 35 人のノーベル賞受賞者が NCCN メンバー団体構成員の委員を務めてきました。


NCCNウェブサイトより抜粋し翻訳
NCCNについての原文はこちら >>